米ファイザー、コロナ飲み薬を厚労省に承認申請。ついに飲み薬が来るか?!

日常雑記220114

特にブログでも話題にはしないんですが
それでも最近コロナの陽性者、また増えましたねー

特に年始を迎えてからというもの…
もう連日のように。

この前ついに東京1000いったかー

と思えばもう2000

そして3000…

いやはや、変な話ですが
これがパチンコの出玉だったら最高なんですけどね。

この感じ…二年前のころを思い出さないでもないですね。

とはいえ、今はワクチンとかもありますし
なにより経験があります。
前みたいなことにはならないんだろうなーって。

さて、今日見たニュースですがこちら

米ファイザー、コロナ飲み薬を厚労省に承認申請…オミクロン株にも「有効の可能性高い」(読売新聞オンライン) - Yahoo!ニュース
 米製薬大手ファイザーは14日、新型コロナウイルス感染症の経口薬(飲み薬)「パクスロビド」について、厚生労働省に製造販売承認を申請したと発表した。審査を迅速化する特例承認を求めている。政府は、承認を

ついにワクチンではなく飲み薬がやってきた!!

わけです。

まぁしかし、まだ申請した段階ですから
実際に使われるのはいつになるやら。

ソースによると…

飲み薬とはいっても、ウイルスを消滅させるものではないそうな。

薬っていうとそういうイメージしちゃいますけどね。

体内に入り込んだウイルスが増えないようにする薬だそうです。

体内に入ったウイルスは増殖するものですが…
ってそんなに詳しくありませんが
まぁ要するに服用することで悪化させない薬ってことですね。

臨床試験の段階でいえば

発症三日以内の患者で
入院、死亡リスクを89% 軽減
五日以内で 88% 軽減

したそうですね。
これは…結構な軽減率。

でも…個人的に待ってる薬っていうのはこういうのじゃなくて…笑

前からブログに書いてますが
自分はワクチン打ってない人間ですけど
特効薬が出るのをひたすらに待ってます…

飲めばたちどころに治るような。

今インフルエンザがそんな感じですものね。
インフルと同じように、お医者にいけばすぐ楽になって
一日、二日過ぎればもう大丈夫、なんて。

しかし…この飲み薬が服用されるようになったら…
ある意味では感染者が増えても別に…
って状況にもなりそうな。

今でももちろん感染者って大変なことでしょうが
一番重要なのは重症患者を出さない事。

人の手もそうだし設備の問題…とかありますからね。

そこまでいきつかないで済む薬…
ということなら、ワクチンと飲み薬の両刀で…
なんだかんだ怖い存在じゃなくなるかも
ですね。

実際、今のオミクロン株にも有効である可能性が高い

とされてる薬ですから
今後も安心なのかなー

しかし、これからまた新しい変異株は出るんでしょうか?

どっかで見たやつだとこれ以上は…ってことでしたけどね。

最近の陽性者推移を見る限りだと…
今どのくらいで陽性者が判明するかわかりませんが
少し前みたいに二週間かかるようなら
ちょうどクリスマス後からの答え合わせが来てる感じですね。

クリスマスで楽しんで
そのあと仕事納めがあって暇が出来て
初詣等のイベントでみんな外出。

年越しの瞬間、NHK見てましたけど
方々の神社にものすごい人いましたものね~

浅草の神社なんて人で埋め尽くされちゃって…

こりゃ…多分あとで爆発するな…

と思っていたら案の定。

そこからずっと感染者爆増が止まりません。

カレンダー的にいうと…
これなら来週末くらいまではこんな感じで感染者出るんですかね。

増えてきた!
と騒ぎだしてからの二週間後はまぁ…もう少し落ち着いてるんでしょう。

少しダラダラ書きましたが
なんだかんだでコロナに感染するってのは嫌なものです。
あんまり話されませんが
後遺症が~なんてのも少なからずあるみたいですし。

それになにより、やっぱり高齢者には脅威です
自分が誰かに遷したりしないよう気を付けていきましょう!



楽天

各種SNSフォローはこちらから

 

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました