防衛費増額には賛成?それとも反対?ロシアのウクライナ侵攻で緊張感高まる日本。

日常雑記220405

ロシアによるウクライナ侵攻、まだまだ終わりが見えませんね。

というより、終わる方法があるとするなら
ウクライナの首都が陥落し、ロシアの目標が達成させられる瞬間…
あるいはロシアの心変わりくらい…
なんて思います。

ウクライナは防衛戦になりますが
まぁもちろんそれでも当然犠牲は出ます。
防衛戦なので、侵略側を押し返すことが出来たら目的達成です。

ロシアの場合…ここまでに投じた戦費もそうだし
戦死者も多数出ています。
また、今回の侵攻であちこちから制裁を受けて…
このまま戦争を切り上げたとして得るものが当然ないどころか
戦前よりも状況が悪いまま。

とすると…
最早やっぱり前に出ていくしかないんだと思うんですよね。
損切りできる人なら…ここで引いて終わらせるかもしれませんが

そんなわけでどんどん泥沼化していくわけですが
今回の侵攻を受けて、日本でも様々な動きがあります。

それがまず顕著なところで防衛費の大幅増のお話です。

防衛費大幅増に意欲 防衛相 「敵基地攻撃」保有視野に | 沖縄タイムス紙面掲載記事 | 沖縄タイムス+プラス
 岸信夫防衛相は4日、共同通信社の単独インタビューに応じた。2023年度の防衛費を巡り「防衛力の抜本的強化のため必要な予算を確保したい」と述べ、22年度予算からの大幅増に意欲を示した。「敵基地攻撃能力」保有を視野に検討を進める意向を示唆。



防衛費の増額は必要?

必要か必要じゃないか?
という話をするなら、やっぱり必要だとは思います。

現状日本では専守防衛
つまり、守りの装備しかありません。

しかも自衛隊というのは
現状では“攻撃を受けてから”防衛に入るものになっています。

つまりまぁ…一発殴られてからじゃないと反撃が出来ないわけですね。

この状況では意味がないのでは?

ということは以前から言われていて
特に例えば北朝鮮の脅威がそうかもしれません。

年々核技術は向上していくものでしょうから
先制攻撃でもしも日本に核が打たれた場合…
日本が出来ることっていうのは
その核ミサイルを打ち落とすくらいしか方法がありません。

銃弾を銃弾で撃ち落とすようなものなんですが…
相当に難しいってことがわかりますよね。

当然失敗すれば終了です。

まぁ…細かいことをいえばいきなり東京に打ってくるってことはないと思いますので
そうなると日本という国が突然止まることもありませんが…
それはまた別のお話で。

恐らく今まで、攻撃というと
艦砲射撃みたいな、そういう砲撃を想定してたんでしょうね。
特に日本は島国ですから
侵攻されるなら海から!ということで。

ただ、今の時代、わざわざ船出さなくても
本国からどこでも狙えちゃうわけです。
それこそ、北朝鮮のミサイルはいよいよアメリカ本国も射程圏内に入ったとか。

こうもなってくると…
やはり打たれてから対処するのではなく

打たれる前に対処する

これが敵基地攻撃能力ってことです。



敵基地攻撃能力

敵基地“攻撃”ということになるので
これは今までの日本ではありえない話でもあるんですね。

自衛隊は専守防衛
守る事しか出来ない部隊ですし
“攻撃力”をもってはいけないってことになってるんですね。

ただ、先ほども書いたように
一発撃たれてから、一回攻撃されてから対処が出来るか?
というと現代ではそれは難しい
でしょう。

ただの一発が壊滅的ダメージになってしまうこともあるわけです。

万が一首都、東京に対してでかい一撃でもあれば
その瞬間にこの国はコントロールを失うことになります。

政治家ももちろん、多数の国民もそうだし、皇居もそうだし…
全て東京に集中している上に
自衛隊に対しての最高指揮権は総理大臣にありますからね。
根こそぎ東京がやられれば命令する人もいないわけなので
自衛隊は当然動かせません。
日本中もパニック、号令出す人もいません。

というわけで、僅か一撃で国が亡びる可能性があるわけです。
なので、一発やられてから対処しよう!

では圧倒的に遅いということがわかりますね。

いきなり東京とも限らないのでは?

とも思いますが
じゃあ東京が攻撃されるわけじゃないならいいですか?
というとそれはまた違いますよね。

やられる前に…やる!対処する!

というのが敵基地攻撃能力の保有ってことです。
これは”攻撃”って言葉が目立ちますが
攻撃されないための攻撃なので、防御の意味を持つことになります。

敵基地から日本に向けての攻撃が察知された場合
打たれる前にその基地を叩こう!
というのが敵基地への先制攻撃です。

まぁ…どうやって察知する?とかそういう問題もありますが
理想でいえばそういうことです。
また…どのタイミングなら攻撃していい??
というのも今後議論になるでしょう…

ロシア、ウクライナの侵攻だってあれ…
どのタイミングで攻撃する??
となると難しい話ですよ。
先に手を出せばそれが宣戦布告にもなりえて
相手に対する大義名分にもなる
ので。
まぁ難しい話ですよね。

しかしやはり、日本にはこういうオプションがあるぞ、と
攻撃される前に叩くこともできるぞ、と

そういうアピールは国内外に必要かもしれません。
なので議論等は大いに賛成でもありますし
個人的にはこの攻撃力を持つことにも賛成はします。



核保有について

日本にとってこの核というのは
ものすごくデリケートな問題ですね。

非核三原則、ということで
日本は完全に核兵器から身を遠ざけているわけです。

とはいえ…その核が

ある意味では世界の平和を保っている側面もあるわけです。

さらには…
核を持っているロシアと
核を持っていないウクライナ

ということで…ロシアは平然と侵攻が出来ました。

また、そのロシアは核で脅すことすらも出来るわけで…

そしてもっと具合が悪いのは…

ロシアが核を持っているから
ウクライナに加勢も出来なければ
ロシアへ攻撃することも出来ない…

という状況も生まれてしまいましたね。

つまり…やはり核を持っているというだけで強国になるんですよね。

あの北朝鮮ですら…
核保有国になったことで
もうアメリカからちょっかい出されることもなくなりましたし…

こんな背景があるからこそ
もしウクライナが核を持っていたら…
こんなことは起きなかっただろう、と言われるわけですね。

つまり、核保有国は平然と非保有国を攻撃できる
というのが今回の侵攻で浮き彫りになってしまったわけです。

まぁ…だいぶ世界から経済制裁とか受けてますが…
それはおいといて。

日本は現状、非核保有国です。
そしてロシアは隣の国でもありますし
隣の隣には北朝鮮という核保有国があります。

ともすると…
やはり日本というのは平然と蹂躙される側というわけなんですよね。

でもアメリカがいるから…
というのがありますが…
今回アメリカがしたことは武器の支援等だけで
もっと具体的な助けというのはありませんでした。
それは…核保有国のロシアと表立って敵対することにもなりますから…。

ウクライナ、NATO、そこにアメリカ
ここの関係は日本との
日米安保条約の結びつきよりも薄いものと思いますので
侵攻対象が日本だった場合はアメリカはちゃんと動く!

というのもまぁありますが
そもそも侵攻されてはいけないってことです。

その侵攻されないための抑止力が核保有への道って話なんですよね。
核があれば侵攻されず、さらにお互いの牽制になるからこそ
そこに仮初の平和が生まれる、ということです。

しかし、今日本では
核保有をしよう、というよりは
核の共有ということでどうだろう?

という話が出てきています。

これっていうのは…確か以前に同じようなこと書いた気がするんですよね。

ロシア、ウクライナへ侵攻。僅か数時間で制空権を奪取。日本の今後はどうなる?!
ロシアがウクライナ侵攻を始めて僅か二日。世界中で激震が起こっています。今回の出来事で各国がどのように動くのか、ある種の指針にもなりえますので、それは日本の国防にも繋がってくる可能性が大きくあります。日本の国防を考えようにもお金はこれ以上出せない…国民の負担は大きくなるばかり。どうなる日本?!

核を作る、持つ、というのはコストもかかりますし
また時間もかかる話です。
なので、レンタルできたらいいなー
って話だったんですが
でもどうやら、そう簡単な話でもないらしいですよ。

きっと議論することになるとは思いますが
核のレンタル、共有というのは
日本が撃ってほしい!とお願いしてどうにかなるものじゃない
んですよ。

恐らく共有相手はアメリカになると思いますが
持ち主であるそのアメリカが”必要だ”と思ってやっと撃ち込めるものです。
また、実際に撃つのはアメリカになりますから
その責任もアメリカ
ってことになります。

そうなった時…どうなるでしょう?

やっぱり防衛費必要?

大体今出てきている話はこのくらいでしょうか。

防衛しかできなかった自衛隊に
攻撃も出来るように装備を整える

ということになれば
やっぱり今までと違った装備品が必要になります
防衛費アップです。

核保有問題にしてもそうです。
レンタル、共有が出来るとして…
無料でなんとかしてくれるでしょうか?
やっぱりお金かかるでしょうね。

また、実際にいつでも撃てる、というのが抑止力になりますから
その核をどこにおいておくのか?
というのも今後議論でしょうね~

非核三原則の
“持ち込ませない”
という部分と大いに喧嘩になることでしょう。

しかし、いずれにしても必要な理由は書いてきたとおりです。
日本という国が侵略されない、侵略されにくい
そういう強さを手に入れるならやっぱり武力ということです。
これは、幕末のころの考え方に似てますねー

そこを強化しようと思うなら…
実際に侵攻、侵略されてしまった時のデメリットと鑑みて…
防衛費はあげるべきでしょうか?



個人的に思うこと。

なんだかんだずらずら書いてきましたが
個人的にはいずれも大事なことだとは思ってます。

でも…

防衛費の増大には反対しますねー

つまりこれ、国民から一律税金でとるってことなので。

ただでさえ物価だけ上がって
払うものも多くて…
その上で給料も上がらないヘルジャパンですよ

それで安全保障だー
とかいって防衛費もあげられちゃ困りますねー

日本の国土の外に睨みをきかせるのも結構ですが
内側が瓦解します

まぁ結局鶏と卵になるんですけど
軍事力っていうのは政治的オプションのひとつなんですよ。
つまり外交で使えるカードになるわけですが
外交って軍事力だけの話じゃありません。
そこはね、外交時に使える別のカードで上手にやって欲しいものですよ。

まず防衛費欲しいなら給料上げてくれよ~
そして必要ない税金とかカットしてくれないかな~?
あと、吸いあげた税金を上手にコストカットするとかさ~
そういうことして対応してどうぞ。

国民に負担がかからない形であるなら
防衛費あげてくれて結構です。

これが個人的な意見ですね笑

敵基地への先制攻撃に関しては
特に反対もなく賛成ではあるんですが
核保有に関してはちょっとあれですね。

日本は保有する必要はないのかなって思います。
そもそも、核なんてものが人類には不必要に思います。
そうであるなら…新しく作るべきではないし
ここまで持たないことを貫いたなら持たないでいいと思います。

まぁ…多分世界情勢でいうなら
今後なんと言われようと核を持つ!
なんて国も出てくるとは思いますし
それが流れになるかもしれませんが…

これはあくまで個人的な理想論
日本は持たなくていいし、作らなくていいです。

しかし…既に持っている国が存在している以上
核の抑止力効果は必要
だと思います。
事実、核を持っていなければ扱いは弱小国です
核の共有議論は進めていいかなって思います。

わがままいうなら…
米国の持ってる核のいくつかを日本側が自由に扱える
そういう権限持たせてくれるといいですけどね笑

日本は作らない
でも、他国で作ったものに関しては
遠慮なく国内に持ち込むし配備するからね?

というものでいいんじゃないかって思ってます。

でも国民の税負担がやたらでかくなるならノーサンキュー。

なのでまぁ有志からお金とるのはどうでしょう?

なんだかんだ日本には

 

日本って国は好きだし大切に思っているけど
でも自分の生活、リアルも大切。
そのリアルさえ立ち行かないのなら
いっそ他国に侵略されてくれても構わない

なんて思う人もいると思います。

また…自分の生活が大変だからこそ
あまり政治に関心がいかない側面もあると思います。

国外に目を向けることも大事ですが…
内政なんとかしてほしいですねー。

その点でいうなら、やっぱり菅ちゃんはよくやってくれたと思いますよ。
実際国民にわかりやすい恩恵でいうなら
携帯電話があるじゃないですか。

今、なんか岸田さんの支持率ぼちぼちいいみたいですが
投資家界隈では不支持が95%。
世の中にお金が回らないなら不景気になるわけで
お金回そうと投資している人々から総スカン状態であるなら
やっぱり経済面で国民が潤っていくこともないんでしょう。

国外、外交も結構ですが
とりあえずまず国民の生活なんとかしてほしいですねー

よろしくね!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

もしよかったらまだこのブログを知らない誰かのためにブログ村バナーをポチっとお願いします。
この情報を知りたいどこかの誰かに届きますように。

ブログランキング
30代サラリーマンランキング
各種SNSフォローはこちらから

楽天

コメント

タイトルとURLをコピーしました